精神疾患とは身近にある病気

大学を卒業後、初めて社会人として仕事についてからは毎日慣れない仕事に四苦八苦しながらあっという間に時間が流れていました。
よく仕事をすると3週間・3か月・3年といった感じで3が付く週に会社を辞めたくなるという話を、友人と冗談半分で話をした事を思い出しながら、 私は3週間と3カ月は無事に過ぎてきました。そんな丁度社会人になって4ヵ月目頃だったと思います。友人から久しぶりにメールが来ました。
おしゃべりな友人のメールは結構長めのはずなのだが、その時来たメールには「久しぶりに飲もう」というたった1行だけでした。
大分簡潔なメールになったなと思いつつ、私はすぐに友人にメールを返信し飲む約束を取り付けました。
私は久しぶりに友人に合う事に浮かれたのですが、飲みの約束の日にあった友人をみてぎょっとしました。あまりに痩せこけて人相が変わっている程くらい顔をしていたのです。どうしたのかと話を聞くと、今の会社の上司がかなり癖があるらしく、仕事中に話しかけられるらしいのですが、それがすべて仕事とは関係のない他の上司への愚痴だったり不満だったりと言った事なのだそうです。もちろん新入社員という立場の友人はその話を聞かない訳にはいかずそうなると仕事がはかどりません。覚えたい事もたくさんあるのに、時間を邪魔されるというのです。
ただたんに上司は不満をぶつける話し相手がほしいだけだと思うのですが、その相手が私の友人になってしまったようです。
友人はそれから仕事中に邪魔をされる事に対し、徐々に悩みはじめて他の同僚にも相談するそうなのですが、お前が聞き上手すぎると言われる程度で解決にはなりません。
やがて友人は気分の安定することが難しくなり、いつもイライラしていたり怒られているのにヘラヘラしてしまうなどの状態になってしまったそうです。
これでは不味いとすぐに病院へいくとうつ状態の精神疾患と診断されたそうです。回復するには仕事を辞める事が一番だと言われたそうですが、生活があるため辞める訳にはいかないと、友人はヘラヘラ笑いながらお酒を飲んでいました。
自分が友人の会社にいるわけではないので、直接助ける事ができずに歯がゆい思いをしました。友人には、あまり無理せず実家に帰る事も視野にいれて無理はするなと話をしましたが、友人は急にイライラしたり笑ったりとあまり私の話を聞いていない様に見えました。
精神を患った友人をみて、自分もいつかそのようは精神状態になる可能性がないわけではないのだと感じました。

Copyright(c) 精神疾患. All Rights Reserved.